kuma's activity log

スキーとかバイクとか山とか自転車とか・・・とかとか

スキー

2/1 北海道ツアー2020 part2
~えんがるロックバレースキー場~

2020/07/10

散々のんだ翌日は、いつもどおり後悔から始まる・・・。
というのも、ホテルについたらそのままベッドにダイブして、一瞬で寝落ちしていたみたい。
ホテルの部屋が乾燥してて、なんだか調子が悪い…二日酔いも多少あるかもだけど、身体がだるい気がする…。
まぁ、気のせいだろうと思いこんで、ホテルのロビーでhiroさんと合流。
車に乗せてもらって、北乃さんをピックアップしに移動を開始。

北乃さん大丈夫かなぁ?と思ったら、案の定つらそうな表情。
そりゃそうだよね…結構飲んでたもんね…。

この日も旭川近郊はほとんど降雪がないので、どこが降っているのか調べてみると、旭川から釧路の方に向かった、遠軽のあたりが降っている様子。
車で2時間くらいの距離…旭川近辺で探しても良いとこないから、行ってみましょう!
高速道路を走って、2時間くらい。

旭川紋別自動車道の終点に隣接してる道の駅「遠軽 森のオホーツク」がスキー場のチケット売り場だったり、休憩所を兼ねてる構造。
建物がすごくキレイで、聞いてみたらクリスマス前にできたばかりだそう。
どおりできれいなわけだ。

食事券と4時間チケットのセットで2500円!!!安い!!!

リフトは一本でそんなに大きくないスキー場だけど、非圧雪の斜面もそれなりの斜度がある圧雪の斜面もあって、結構楽しめそうな印象。
ここのスキー場で面白いのが、初心者向けの斜度がゆるいところは、リフトの途中に降りる場所があって、そこで降りる形。スキー場のトップまで行く人は、そのままリフトに乗っているという構造。
リフトの途中から乗れるようになっているのは、ホワイトバレースキー場で見たことあったけど、その逆は初めて見た。
リフトも新しくて、めちゃくちゃキレイ。

準備をして滑り出したんだけど、何本か滑っていたら、どんどん体調が悪くなってきて、関節が痛い…。
これは…かなり発熱してるみたい。
滑りは程々にして、一人休むことにした。

休憩スペースは広くて、あたりを見回すと親子連れがたくさん。

地元の子がお母さんに連れられて練習しに来てるみたい。こんな小さな頃からすぐ近くに滑れる環境があったら、そりゃ上手くなるよなぁ…。
しばらくして、お昼タイム。
道の駅内の食堂がそのままスキー場の食堂扱いになってる。
大体1000円ちょっとくらいの値段で美味しそう、しかも、大盛り無料だし、なによりリフト券についてた食事券は値段の制限が無いから、一番高い1600円くらいのステーキ丼も食べられる。
4時間のリフト券と食事券がついて2500円ってことは、実質900円で4時間滑れることになる!!!経営ダイジョブ?!

お肉を食べる元気はなかったので、野菜たっぷりカレーにしたら付け合せのコーンスープがやたらなみなみで、もうそれだけでお腹いっぱいになりそうだった。

残念なことに体調も良くなかったので、食べきれず残してしまった。
けど、仮に、体調よくてもこの量は結構きついと思う。
なかなか、ここまで足を伸ばすことはないと思うけども、なかなか良いスキー場です。

お土産コーナーを覗いて、旭川に帰りましょ。
気温もだいぶ上がって、雪は殆ど溶けていたので、高速道路はサクサク。(hiroさんに運転してもらってたけどw)

旭川に戻ったら、いつもだったらみんなでまた飲むんだけど、体調が相変わらず悪いので、一人ホテルで療養することに。
明日も全然降らないので、最終日は観光かな?それより、早く体調整えないと…。

・・・・・・・・・・・・
2019-2020滑走日数
スキー:vectorglide mastiff metal
スキー場 4日
BC 6.5日
・・・・・・・・・・・・

-スキー
-, , ,