kuma's activity log

スキーとかバイクとか山とか自転車とか・・・とかとか

スキー

1/20 北海道ツアー2020
~羊蹄山でちょい滑り~

2020/07/10

最終日も降雪は期待できなかった。
ゲレンデのコンディションも決して良い状況じゃなかったので、それなら、山で遊ぼうか・・・ということで、またまた羊蹄山へ。

この日のスタートは墓地から。

車を止めた時点で、先行は2台。しめった雪が降ってたので、そのトレースがそのまま残ってる。
少し先に先行しているグループが見える。5名の外人パーティー。
日本人と違って、体が大きいから一歩のストライドも大きくてスルスルーっと先に進んでいくからわかりやすい。
それだけでなくても、平日のこの時間帯に登ってる人なんてそうそういないよね。

気温も高くてあまり良い雪があるとは思っていないので、ゆるゆると歩いていく。
プラス気温で湿っぽい雪が降ってて、ウェアが発汗と重めの雪でじっとり・・・。

昔来たときとくらべて、木が採伐されていて、景色がかなり違う。
こんなうねうねした雰囲気じゃなかったんだけどなぁ・・・なんて考えながらてくてく。

標高を上げていくと、一昨日と同じ、下に硬い氷の層があってその上に湿っぽい雪が乗ってるという、あまり楽しくなさそうなコンディション。
とりあえず、1000m手前まであげたあたりで、キックターンするのも大変になってきたので、皆で相談の上、ドロップすることに・・・。

雪は登っているときから感じた通り、修行系の雪。
自由にターンするのが難しい抵抗感の強い雪。
こういうときって、無理に板を揃えようとしないで、ボーゲンやシュテムターンで滑ったほうが曲がりやすかったりする。
上手い人は物ともせず滑って行くけど、残念ながら自分はそこまで上手くない・・・もっと練習しないと…。

難しいなーと思いながら、時折、抵抗感のない軽い雪が出てきて、軽い雪だー!やったー!と思った次のターンでまた重い雪に騙される。
そんな気温が上がったときあるあるを繰り広げて、採伐されたうねうね地帯まで降りてきた、もう残りはちょっと。
ウネウネのピークに合わせてスキーのトップの向きを変えて、枝の隙間を縫って滑る。
これはこれでまた楽しいw

最後はこのコースで一番の絶景ポイント?と言っても良い、北海道らしいまっすぐな道。

今回も怪我なくみんな無事に到着。

気温が高くて汗をかいたから、まずは温泉…。と、真狩温泉は月曜でお休み。
協議の結果、お腹がペコペコなので、先に腹ごしらえに行くことに決定。
先日ジンギスカンを食べたので、今日は魚介系が食べたい!というわけで、柿崎商店へ。
この日は魚ではなく貝を食べたい気分だったので、磯丼。
たしか、前もこれを食べた気がする。貝好きにはオススメです。

お腹も満たして、でもまだ時間があるので次は温泉に。
近くでやっている場所を探したら、一箇所発見。
「余市川温泉 宇宙の湯」
中に入ってみると温泉というより銭湯みたいな雰囲気。
だいぶレトロな洗い場でしたけど、しっかりと温泉であたたまることができました。
ここの温泉の見どころはなんと行っても2階の食堂。
お酒も食べ物もなんでもかんでもめちゃくちゃ安い!
すでに柿崎商店でご飯を食べたあとだったので、注文することはなかったけど、次行くときはここで食べちゃうのも良いかも…。
レトロな雰囲気にマッチする、ストーブでほんわか温まって、根っこが生えそうになったけど、フライトの時間もあるので、やむなく退散。

小樽から札幌方面へ向かい、途中、ヤマトの営業所で荷物をパッキングしたら、レンタカーを返却して、楽しかった旅もおしまい。
もっとスキー上手くなりたいなぁ…特にコンディション変化に対しての対応力を…と強く思ったツアーでした。

・・・・・・・・・・・・
2019-2020滑走日数
スキー:dps wailer 112RPC
スキー場 3日
BC 6日
・・・・・・・・・・・・

-スキー
-, ,