kuma's activity log

スキーとかバイクとか山とか自転車とか・・・とかとか

スキー道具

新しいワックス? dps phantom ~Never Wax Again~

2018/02/27

今年は少し雪が早いのか、すでに初滑走済みの人もちらほら。

例年は月末あたりの立山にむけてそろそろ冬の道具の準備をしたりして、スキーへのテンションを上げていったり。
スキーを取り出して、ワックスをかけて、今年はあそこを滑りたいな~、昨シーズン良かったな~あの斜面また行きたいな~なんて想像を巡らせたり。

そんな事を考えながらワックスをかけるのは、なんか素敵な時間なんだけども、正直…めんどくさい…。
削った粉が舞ったり、床がツルツルになったり、屋内ではあまりやりたくない作業。
そんなわけで、板をチューンに出したらソールキレイにしてくれて合わせてホットワックスかけてもらえるから、昨年中にとりあえずメインで使うスキーはお願いすることした。
もう、チューンからは上がってるらしく、そろそろ取りにいかなきゃな~と思っていた時に、ふと携帯を見るとdpsからのメール。

「Never Wax Again」とな?

Vectorもだけど、板だけじゃなくてワックスとかも出さないと採算とれないのかな?なんてその時はスルーしてた。
しばらくしてTwitterのTLで誰かがこの話をした時にふと思い出して、中身を見てみると…。

  • 今までのワックスと違い、一度塗ったら恒久的に効果が続く新しいワックス(ワックスというのも変なのかも)
  • ソール剤に染み込む?とかで、今までのワックスであれば滑っているうちにだんだんと滑らなくなるけども、ソール自体が滑るようになるとかで仮に石を踏んだりしても問題なし。
  • フッ素などの環境に影響を与える成分は含んでいない。
  • どんな温度でも一定の滑走感
  • シール(スキン)への影響もなし
  • 施工済みソールに通常のワックスをかけることもできる

とな?
ホントかよw

レースとかをするひとであれば効果が短くても一番抵抗がすくなく滑れるのがいいんだろうけど、レジャースキーとか山スキーだといつでもそれなりに滑ってくれるのが一番ありがたいと思ってる。
特に春先の鬼ストップ雪が少しでも軽減できればありがたい…。
シールに対しても影響がないのか~。

ふ~ん、ちょっとお値段高いしうたい文句は眉唾だけども、一回施工でそれなりに効くのであれば良いかもな~。

というわけで、ポチ。
KickStarterっていう、パトロン集めて販売するモデルなのでこれから生産を開始するそう…。
まだ、施工方法とか具体的にどんなものなのかもイマイチ不明。

こういうのは自分で試して使ってみないと何とも言えないもんね。
到着は年明けなので忘れた頃に届きそうな予感…。

さてさて、冬支度冬支度~。

dps phantom 〜施工編〜

-スキー道具
-,